MENU

 今でも独身なのは、あまり結婚というものに対して興味がなかったこともありました。
それと、かなり遊びまくる事が大好きでしたから、特定の異性を作りたいという気持ちが持てなかったのです。
遊びというものは男にとってはとても大切なものである、そんな考えがありました。
だから、特に異性の絡むような遊びというのはいろいろとやってきたものです。
風俗はもちろんなのですが、割り切りという関係でお金を使いまくったりすることもありました。
また高級クラブに通ってはホステスと楽しく酒を飲む、サービスを満喫するといったこともありました。
それなりの資金を持っていたから、このような遊びに興じてしまっていたのです。
見知らぬ異性と割り切りでラブホテルの中で、ワンナイトラブに耽ける。
高級クラブで酒を飲みまくる、その時はそれなりの楽しさを感じていたものでした。
しかし年齢と共に、ちょっとずつ考えが変わってきたようでした。
こういった形で金を使いまくって、いったいなにが残ったのだろうか?と思うようになったのです。
そう考えていくと、無駄にお金を落とすだけでなにも得られていないなという気持ちになっていきました。
もう少し自分の精神的な部分の満足を得るような、そんなお金の使い方というものに対して考えなければいけないと思えるようになったのです。
誰かの役にたつような方法で、この資金を使っていけばいいのじゃないかと思いました。
自分の夢を叶えるために頑張っている女性たちがいて、その資金をサポートするような関係があるというのを耳にしたのです。
しかも、愛人契約とは違ってセックスをしないものだったのです。

夢を叶えるためのサポート、そのお金を出してあげることで女性を助けてあげられる、これだ!と閃くものがあったのです。